読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3秒考える前に

涙なんて枯れちゃってんだよ。

酔ってるときほど何か書きたくなる現象に名前をつけたい

こんにちは、よーぐるです。

こんにちはというか、こんばんはですね。

日付が変わる直前、飲み会おわりの電車の中で書き始めています。

 

何の飲み会かというと、研究室の新歓コンパ。

 

ついこの前私が歓迎されていた立場だったのに、気付けばもうM2。二次会の幹事諸々やっている自分がいました。早いなー。

 

この2年間、辛いことがたくさんありました。

夜寝られなくなり、そのせいで朝起きれなくなり、でも授業や研究が待ってくれるわけもなく、何のために自分は頑張っているのか分からなくなりました。

今でも考えるとどうしようもない現実に涙が止まらなくなります。

 

それでも義務感のもと研究室に向かうと、笑顔で「おはよう!」と言ってくれる先輩がいました。私の話を笑って聞いてくれる同期がいました。どうでもいいウザ絡みをしてくれる後輩がいました。あなたらしくやればいいと見守ってくれる先生がいました。

 

そんな時、自分には愛すべき仲間達がこんなにもいるんだ、この人達がいれば私はひとりじゃない。大袈裟に聞こえますが本当に救われていました。

 

飲み会のノリで、お酒の勢いで、全て吐き出してしまいたいと思った時もありましたが、そんなこと言ったって周りを困らせるだけだなーと思ってぐっと飲み込んだことも何回もあります。

(その代わり昔からの友人達に相談していたのでちゃんと発散はしてます)

 

でもそうやってみんなの前では常に笑顔のよーぐるさんでいたわけです。そうやってみんなも笑顔になるのが私の研究室での一番の幸せでした。

 

その2年間の積み重ねなのかどうかはわかりませんが、今日はみんなから愛されてるなーって感じました。笑

後輩からいじられてばっかりですが、陰では尊敬もされているらしい。なんか照れるなー。笑

 

私は特別リーダー気質があるわけでもなく、研究能力が人一倍あるわけでもなく、ムードメーカーでも癒し系でもなく、ただのいい人なだけなんですが、そのただのいい人でも集団の中でちゃんと必要とされているんだなって思えて内心嬉し泣きしながらお酒を飲んでいました。

みんなありがとね。

 

就職活動をしていると、どうしても大企業の内定者が優位に見えたりします。目に見えるステータスに踊らされている実感もあります。

 

私は誰もが知っている企業が第一志望ですし、そこに入って親戚とかご近所さんに褒められたい。○○さんとこの娘さんはすごいねーって言われたい。

そういう下心を捨てきれずにいます。

 

だけど、もしそれが叶わなくても、誇るべき仲間がいれば私はこれからもずっと幸せでいられる気がします。

 

お金とか地位とかそういうものとは比べ物にならないくらいのものを、私は手に入れている気がする。

 

お人好しだとか、綺麗事だとか、そんなことを言われても、私はこのままでいたい。

人に嘘をつかれても、私はその人に嘘はつかないでいたい。

人に裏切られたとしても、その人が助けを必要としていたら手を差し伸べたい。

二度と会えなくなっても、その人のことは応援し続けていたい。

 

社会に出たらこんな甘いことは言ってられなくなるんでしょうか。もしそうなら寂しいなぁ。

なんとかこのままの自分を忘れずにいたいものです。

 

 

 

これで間違ってないんだよね? 

 


f:id:yogurt28:20170428011728j:image