読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3秒考える前に

涙なんて枯れちゃってんだよ。

ファンタビのおじさんみたいな格好いい別れ方ができるだろうか

こんにちは、よーぐるです。

 

もう1ヶ月前の話ですが、観に行ってきました!

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」


f:id:yogurt28:20170202102050j:image

 

感想:おもしろい!!好き!!!

 

魔法動物がたくさん出てくるんですが、動物自体はそんなにかわいくないなぁってのが正直なところ。ただ、主人公ニュートが持つスーツケースの中に広がる魔法動物の住む世界がもう大好き!

 

観ていない方に分かりやすく伝えると、スーツケースがいわゆる4次元ポケットみたいになってるんですね。その中に、サバンナとか砂漠とかいろんな環境が広がっていて、ニュートはそこで魔法動物の保護、育成をしています。

 

あんな空間を持ち運べたら私もその中に入り浸ってしまうだろうなーってくらい私の好みでした。

 

 

 

ただ私が今回お伝えしたいのは、映画の中に出てくるおじさん(名前さえ覚えていない)。

 

観る前は『あ、お笑い担当だなこの人は』くらいにしか思っていませんでしたが、観た後は、『おじさん最高!!!!てかおじさんが1番かっこいい!!!この話の主役はおじさん!!!!!!!』くらいになってました(笑)

 

さすがにここまで盛り上がってるのは私だけかもしれませんが、周りも『おじさん良かったよね~!』言ってたのでおそらく大体の人は同感してくれるはず。

 

ちなみにおじさんはこの人
f:id:yogurt28:20170202103655j:image

 

ニュートと持っていたスーツケースを取り違えたことが原因で魔法界のいろいろに巻き込まれてしまうというツイてないおじさん。その中で、ある魔女に恋してしまうわけです。

ニュート達と共に魔法界のいろいろにめちゃくちゃ協力し、絆も生まれるんですが、人間であるおじさんは魔法界の決まりにより最後は記憶を消されなければいけません。

共に戦った記憶、友情、愛した女性のこと、すべてが消えてなくなる。なかったことになってしまう。それはおじさんも分かっています。だけどこれが決まり。おじさんは全てを受け入れるわけです。

 

その最後のシーン。

 

記憶がなくなる成分が含まれる雨に打たれると、もう終わりです。

 

絶対辛くて悲しいはずなのに、共に戦った仲間と、愛した人との永遠の別れなのに、涙をぐっとこらえて笑顔で雨の中に一歩踏み出す。お願いだから記憶は残してくれ!!とかそんなダサいことは言わず、すべてを受け入れる。笑顔で別れることが彼女に対する愛だとでもいうように。

 

そんなことできますか?大切な人達のことを忘れてしまうのに笑顔でさよならを言えるなんて。

 

背が低くて小太りで見た目は全然かっこよくないのに、この時のおじさんの心のかっこよさといったら…!!

 

最後の最後で泣かされました。

 

見習いたいよね、笑顔で別れる強さと優しさを。