読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3秒考える前に

涙なんて枯れちゃってんだよ。

これが運命なら私は運命なんて信じない

忘れられない人がいる。

 

とはいってもその人と会わなくなってまだ数か月しか経ってないわけだけど。でもこれから何年も、それこそこの人生が終わる時まで忘れられない特別な存在になるだろうと予感してる。そんな人がいる。

 

これはブログを始めた時から書きたいと思っていたことで、むしろこれをどこかに吐き出したくてこのブログを始めたといった方が正しいかもしれない。

誰かにわかってほしくて、慰めてほしくて、怒ってほしくて、この記事が何かのきっかけであの人に届くことを期待して、でもやっぱり恥ずかしいから読んでほしくはなくて。

どこにぶつけていいのかわからない感情をとにかく書きたかった。書いてすっきりするのかはわからないし、これで忘れられるのかもわからない。忘れたいけど忘れてしまうのも悲しい。そんな自分でもよくわからない、整理がつかない気持ちを書かせてほしい。

 

 

こんなに人を好きになるなんて、想像もしてなかった。いつの間にここまで好きになったのか、好きという言葉は軽すぎると思ってしまうくらい大切に思っていた。うそ。思っている。

散々だと思っていたこれまでの私の人生も、これまでの失敗がなければこの人に出会っていなかったと考えるといい人生に思えた。今までの人生に感謝した。この人に出会わせてくれてありがとうと。

その人がいたから頑張れたこともたくさんあった。今いろんなことが上手くいっているのはその人の存在のおかげで、おそらくこれからもそうなんだと思う。

 

初めて会った日のこと、ノート、字、応援のことば、照葉樹林、大根の天ぷら、失くしたロッカーの鍵番号、忘れた傘、たばこ、紅葉、ドライブ、一緒に口ずさんだ歌、白い軽、ハンバーグ、月、哲学のはなし、会いたかったという言葉、間違えた待ち合わせ場所、フレンチ、面接、初雪、知りたくなかった事実、チョコ、大きな手、君のにおい、ボールペン、ガム、茶色い目、地下鉄、誕生日、緊張で覚えていない映画、残したパスタ、あの日の目、あの日の言葉、優しさ、見たくなかったもの、ガラス越しのうなだれた姿、寝たふり、渡せなかったクッキー、渡せなかったお守り、冷たさ、じゃあね、そして現実。運命。

 

行った店も話した内容もまだ覚えてる。忘れちゃえばいいのに、忘れられたら楽なのに、どうしても忘れられない。ここには思い出がありすぎて、彼からしたら大した思い出でもないんだろうけど、私にとっては大切な思い出で、忘れられない場所で、そこを通るたび彼のことを思い出してしまう。そして胸が苦しくなる。

 

地元は大好きだし、友達も多いし、ずっとこのままこの街に残りたいと思っていた。就職もここでと思っていた。でもその思い出が残る場所にもういられない。私は忘れなきゃいけない。次に進まなきゃいけないのに、ここにいるといつまでたっても忘れられない。だから出る決心をした。

 

私が思い描いていた幸せは彼のとなりにいることで、楽しいことも辛いことも一緒に経験することで、でもそれはもう叶わない。こんなに好きでも、たとえ彼が無一文になっても、余命一か月だと言われても、それでも最後までとなりにいたいと思えるくらい好きだとしても、覚悟があったとしても、現実は変わらない。

 

彼を思い出すたび涙があふれ、もう涙は枯れたと思う。それでもまた会える日が来て、ちゃんと別れのあいさつができるとしたら。そんな日のことを考えるとまた涙が止まらない。ここまで人を好きになることはこの先ないだろう。

 

実際出会いなんていくらでもあるし、彼よりかっこよくて優しい人もいるし、いつか私も誰かと結婚するんだと思う。それでも心のどこかで彼を忘れられない自分とこれからもずっと戦っていかないといけない。誰にも言えずに。

だけど私は忘れようとはしないんだろうと思う。仕事で辛いことがあったら、遠いあの場所であの人も頑張っているんだから私も頑張ろう、そう心の支えにするんだ多分。そしていま隣にいてくれる人に少し罪悪感を覚えるんだ。

 

 

ーーー

この記事は下の記事に感化されて書いたものです。思い出を列挙したところなんかはオマージュしました。こちらもぜひ。

k-point.hatenablog.com